浄土ヶ浜から

ビジターセンター便り

ビジターセンターに関する、様々なニュースをお伝えします。
また、三陸復興国立公園内で見られる美しい風景や動植物などの写真もお届けします。

2017年05月07日|植物写真

マルバダケブキ

マルバダケブキは、気温が低く、高層湿原などで比較的湿度があり、ジメジメした場所に、多く見られる植物なのですが、浄土ヶ浜園地内では、舘ヶ崎展望所から竜神崎展望所に続く尾根の自然歩道の両側に、自生しています。

浄土ヶ浜の自生の場所は、海岸線で少し標高が有りますが、ジメジメしている感じはなく、ただ吹く海風で気温は涼しいのでしょうか、この環境にマルバダケブキ、少し不思議です。

葉っぱは大分大きくなり、芽はこれが花芽とはっきり分かるほど大きくなってきました。 もうしばらくすると黄色い花が咲きだし、初夏の到来を告げるのでしょうね。

single.phpを使用
↑ page top